シロアリを簡単に駆除する方法はないだろうか

シロアリ駆除にまつわる情報を発信していきます!

専門業者が行うシロアリの駆除方法

以前自分でできるシロアリ駆除の方法を説明しましたが、今回は専門の駆除業者が行う方法を紹介します。ほとんどの方がシロアリ駆除は専門業者に依頼するものですが、事前に駆除の方法について知っておけば、実際に行われる駆除方法が今後どのように住宅に影響してくるかがわかると思います。

駆除の方法

まず現在住み着いているシロアリを駆除る方法です。

バリア工法

シロアリ駆除の薬剤を床下へ直接散布し、駆除します。薬剤のバリアでシロアリが侵入するのを防ぎます。もっとも一般的な方法で、シロアリの被害箇所を見つけ、薬剤を散布する方法です。

ベイト工法

ベイト工法は、シロアリの通り道に殺虫成分の入った木材をしかけ、駆除する方法です。これは後々シロアリが脱皮できなくなるようにして駆除する方法で、遅効性、そしてほかのシロアリに効力が伝染するため、巣を一気に駆除することができる駆除方法です。メリットは、薬剤の散布が少ないため、環境に大して比較的安全なことです。

再発防止対策

今後のシロアリの新しい被害を防ぐためのものです。

木部処理

駆除作業後は定期的に狙われやすい箇所に駆除剤を撒きます。こうすることでシロアリの被害発生を抑えます。シロアリの対策は床下の木材に行うのが有効で、巣を作り安い床下の土台や束にをあけ、シロアリ防除用の薬剤を感覚をあけて注入していきます。そして開けた穴を木の栓でふさぎ、住宅の強度や薬剤の効果を高めるための作業をします。そして水場の床下などの湿気がたまりやすい部分にはがいぶから薬剤を吹き付けます。

土壌処理

シロアリが侵入してくるのは80%が土壌部分からです。シロアリが巣をつくりづらくなるよう、土壌部分に専用の薬剤を散布します。

床上、住居部分の処理

床下に入り込めないような部分には床の上から処理をします。浴室、トイレなどは要注意箇所で薬剤散布のほか、油化したと同じようにドリルで穴を開けて薬剤を使用することもあります。